iOS版LINE電話がリリースされたので使ってみた

Pocket

iOS版LINE電話がリリースされたので使ってみました。

IMG 5388

気づいた点

  • 番号通知はされるが+81-90xxxxxxxxの形式のため、相手の端末に発信者側の電話番号が登録されていても、発信者名が表示されなかった。(着信側の環境による???)
  • LINE電話でケータイに通話かけるときは、一度相手に番号通知がどう表示しているか、確認した方がよさそう。
  • アプリ内課金では、100円単位でのみクレジットを購入できる。IMG 5391
  • 100円を超えるクレジットをまとめて購入したい場合や、30日プランを購入する場合は、LINEウェブストアで購入する。
  • 30日以内に同じ種類の30日プランを複数購入することはできない。
  • 音質は電話アプリでかけた場合と比較して、問題無いと感じた。
  • 国際電話通話料に消費税はかからない。

その他

LINE電話は、LINE電話アプリから一般電話、携帯電話へ電話をかけることができるサービスで、通話料は、スマホの一般的な通話プラン20円(+税)/30秒とくらべて、最大67〜95%OFF!月額基本料0円、初期費用0円、接続費用0円。と、革新的なサービスです。

この手のサービスだと、番号通知できないイメージがありましたが、LINE電話は通知できることをうたっています(docomoへの発信をのぞく)。

スマホの一般的な通話プラン20円(+税)/30秒で1時間通話すると2400円(+税)もかかります。
しかし、LINE電話を使えば、一番い通話料のケース(14円/60秒。不課税)で、携帯電話にかけた場合でも、840円で済む計算です。通話料を約1/3に圧縮できます。

用途にを選べば、節約術として有効だと思います。

検証環境

発信側:iPhone5s, iOS7.1.1, LINE App v4.3.0, au.
着信側:ガラケー(機種不明), au.

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク

カテゴリー

アーカイブ