[iOS開発]Swiftを使ってHello Word!してみた。

Pocket

iOSアプリを作るプログラミング言語として、「Swift」がWWDC 2014で発表されました。
お約束のHello Word(ハローワールド)をやってみました。

XCode6で、プロジェクトを作成します。
Single View Application.としました。

注意する点は、
Language: Swift
とする点です。

ViewController.swiftのviewDidLoad()メソッドの最後に
println(“Hello, world”) を追加。

下記のようになります。

なお、メソッドの最後のセミコロンは、swiftでは必要ありません。

Run(実行)すると、Output(標準出力)に、下記のように表示されます。

また新しい言語覚えないといけないのか、C#とかJavaとか汎用的な言語で開発させてほしいというのが本音ですが、、古風なObjective-Cを捨て、今風の言語で開発出来るようになるのは、喜ばしいことと考えるべきですね!

開発の効率が上がって、アプリもリリースしやすくなるかもしれません。

なお、Objective-C ↔ Swift 間は、相互に呼び出しが行えるようです。しっかり調べてませんが。

しばらく(2年くらい?)は、Objective-C、Swift が混在すると予測していますが、新規アプリ開発ではSwiftを選びたいです。

Swiftの仕様はiBooksにて、無料公開されています。
The Swift Programming Language

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク

カテゴリー

アーカイブ