iPhoneのバッテリの持ちを改善する8つの方法。だからあなたはiPhoneのバッテリーで悩まされているのです。

Pocket

iPhoneバッテリーの持ちが悪くて困っていませんか?

実は、iPhoneバッテリーって、もっと駆動時間が長く出来るんです。
なぜかというと、設定や使い方を気をつけると、バッテリの持ちがよくなるからです。

下記の事を気をつけてみましょう!

iOSのバージョンを最新にアップデートする

Ios update
ソフトウェアのアップデートに、電池の持ちが良くなる改修が含まれることがあります。
※「設定」 > 「一般」 > 「ソフトウェアアップデート」
 

Wi-Fiをオンにする(Wi-Fiが使える場所)

Wifi on
Wi-Fiの方が、3Gや4Gといった携帯電話会社のネットワークにつなげるより、省電力です。
※「設定」 > 「Wi-Fi」
 

明るさを調整する

Light
画面の明るさを落とすか、自動調整をオンにする。
※「設定」 > 「壁紙/明るさ」
 

新しいデータの取得頻度を落とす。

Get data
たとえばリアルタイムに更新しなくても良い情報(gmailとか)については、
「設定」>「メール/連絡先/カレンダー」>「データの取得方法」と選択し、「プッシュ」をオフに設定する。
 

不要なプッシュ通知をオフにする

Push off
※「設定」 > 通知センター の「表示」項から該当アプリを選択して、設定画面へ進む

位置情報サービスの使用を控える

Gps
矢印マークが付いているアプリが最近位置情報サービス(GPS)を利用しています。
思いがけないアプリが、位置情報を利用している場合があります。
上手く実装してあれるアプリであれば、それほど気にしなくても良いのですが、時々電力を大食らいするアプリを見かけます。

※「設定」 > 「プライバシー」> 「位置情報サービス」
 

サービスエリア外では機内モードを使う

Airplane mode

サービスエリア圏外では、iPhoneが基地局を一生懸命探すので、電力を消費してしまいます。

※「設定」> 「機内モード」ON/OFF

自動ロックを設定の時間を短くする

Auto rock
※「設定」 > 「一般」 > 「自動ロック」
 
これらを気をつけることによって、iPhoneのバッテリーの持ちが劇的によくなります。

またいつもより長い時間のお出かけ用には、モバイルバッテリーもおすすめです。有名ブランドの製品でも以前よりかなり安く買えます。

関連記事

iPhone歴4年が選ぶモバイルバッテリー : Panasonic QE-QL202(5,800mAh/3.7V 。約スマホ2.5回充電)

 

参照

https://www.apple.com/jp/batteries/iphone.html

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク

カテゴリー

アーカイブ