WiFi Explorer : 無線LANの電波の利用状況を簡単に確認出来るアプリ for Mac

Pocket

無線LANの接続が不安定だったり、通信速度が遅くて困っていませんか?
もしかすると、無線LANで使用しているチャンネル(周波数)が混雑している事が原因かもしれません。

そんな時、「WiFi Explorer」for Macを使えば、電波の利用状況を簡単にチェックする事が出来ます!

都内23区の某所でスキャンしてみました。

スキャン(2.4GHz帯)
02_WiFiExplorer_2.4GHz

かなり混み合っています。

特に1, 2,3chと11chが酷いことになっています。一つのチャンネルにアクセスポイントが集中しています。
同じチャネルを使うと干渉によって速度が低下するなどの問題が発生します。

比較的混雑が少ない、7chあたりに設定すれば、改善しそうです。

スキャン(5GHz帯)
01_WiFiExplorer_5GHz

2.4GHz帯に比べると、かなり空いています。3局だけです。

それなのに、36chに2局が集中してしまっていることが分かります。

無線LANでトラブルを抱えている方は、混雑の少ない5GHz帯の利用を検討すると良いと思います。
ただし、PCもWiFルータも5GHz帯での利用に対応している必要があります。

WiFルータでは、Apple Air Macシリーズが安心して使えますね。

無線LANルータの設定で、チャンネル(周波数)設定を自動(AUTO)にしておけば、自動的に空いているチャンネルを利用してくれるはずですが、実際には上手くいかないこともあるようです。2.4GHz帯については、利用者が多く、混雑していることも原因だと考えられます。

チャンネルは、手動で行った方が良いです。

「WiFi Explorer」は、Mac App Storeから購入・ダウンロードする事が可能。
ソフトウェアの完成度に対して、この価格は安い!
迷わず即買しました。

WiFi Explorer
カテゴリ: ユーティリティ
価格: ¥300
※価格は執筆時点のものです。購入時にご確認ください。

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク

カテゴリー

アーカイブ