WordPressサーバはwpXが便利な7つの理由

Pocket

このブログはWordPressで運用しているのですが、WordPress専用クラウドサービスのwpX(ダブリューピーエックス)に乗り換えました。

私はエンジニアでサーバ構築・運用ができるので、VPSを借りてLinux上にWordPressをインストールしていました。

自分で運用すれば、見かけ上の費用は掛からないのですが、時間が取られてしまうデメリットがありました。

セキュリティ対策で各種ソフトウェアのアップデートや、サーバがダウンしたときに対応などが必要です。

wpXを使うとこんなメリットがありました!

1. サーバの運用に手が掛からない

WordPressから上レイヤーだけを管理だけすれば良くなるので、その分ブログ執筆に時間を掛けられます。

2. 高速

WordPress専用にチューニングされているので高速です。

  • 最新高性能サーバー
  • Nginx採用
  • リバースプロキシによるキャッシュ処理
  • SSDストライピング
  • 総計722Gbpsバックボーン

3. 安価

最安のプランで500円(税抜)です。
耐えられるPV数はおおよそ月間30万まで。転送量の目安は月間300GBまで。
個人ブログであれば、多くのケースで問題無いですよね。
ディスク容量は10GB, DBの容量は500MBと十分なスペックです。

4. 7段階で拡張できる

クラウドを利用するメリットですね。
ブログのアクセス数増加にあわせて、管理画面からスペックを7段階で変更できます。
想定PV数月間2,500万まで耐えられるプランまで用意されているので、サイトがかなり成長してもサーバの移行作業がいらないので、安心ですね!

5. httpsへの対応が簡単かつ無料

これは非常に重要なポイント。
今後httpsのサイトが当たり前になっていく可能性があるのですが、これの対応は非エンジニアにとってはハードル高いですよね。エンジニアでも面倒です。
wpXを使えば、httpsへの対応が、wpX管理画面からできます。
さらに、httpからhttpsへURLを書き換えるなど、httpsへの移行サポートもwpX管理画面から操作できるので、簡単ですよ。

6. セキュリティ対策設定が簡単

管理画面からできる、セキュリティー設定が豊富で、簡単操作で高セキュリティのブログにできるんで安心ですね。

経験上WordPressのサイトが、攻撃にあるというのは結構身近に起きることなので、wpXを選ぶメリットですね。

このような機能が管理画面から設定できます

  • 国外アクセス遮断機能
  • PHPの環境設定。(関数に制限を掛けるなどができる。)

7. 14日間分自動バックアップ

14日間分のデータ(DB, ファイル)が、1日1回自動バックアップされるので、万が一の場合も安心です。

一応注意点ですが、バックアップ自体は無料なのですが、万が一ファイルのバックアップを利用するときは、5,400円(税込)の手数料が掛かります。
WPプラグインを使って別途バックアップをとっておくのも良いかもしれませんね。といっても、8年くらいWordPressを運用していて、バックアップを利用してことは一度もないですが、念のため。
DBのデータのバックアップデータの取得は無料です。

おわりに

ブログをWordPressで手間無く運用したいなら、WordPress専用にチューニングされた、wpX
が簡単で安価でオススメですよ。

無料で14日間お試しもできるので、まずは試してみてください。
一般的なレンタルサーバを借りるよりも、WordPress運用に特化していることが体験できますよ。

WordPressの運用に特化したクラウドサービス『wpXクラウド』

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク

カテゴリー

アーカイブ