グーグルがAIの普及で失業の備え雇用支援に1100億円

Pocket

米グーグルは雇用創出を促進する世界のNPOなどに今後5年間で10億ドル(約1100億円)を提供する。米国では職業教育や起業支援の無料訓練プログラムを創設する。人工知能(AI)の普及により仕事の内容が激変し失職者が増えるとの懸念が高まる中、大規模な雇用支援に乗り出すことで批判をかわす狙いがあるとみられる。

技術革新によって今まであった仕事が無くなるのを、法律とか禁止するのも健全でないと思うので、職業訓練に投資するのは納得できます。

グーグル、雇用支援に1100億円 「反AI」に備え | 日経新聞

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク

カテゴリー

アーカイブ