サーバ運用

Pocket

Linuxのvmstatコマンドで表示される情報の意味

Pocket

Linuxのvmstatコマンドで表示される情報の意味についてまとめました。

procs : アクティブなプロセスに関する情報

  • r:実行待ちのプロセス数
  •  

  • b:何らかの理由によってスリープしているプロセス数

memory : メモリーの使用量に関する情報

     

  • swpd:仮想メモリーの使用量
  • free:空きメモリー容量量
  •  

  • buff:バッファとして利用されているメモリー容量量

swap : スワップに関する情報

     

  • si:ステップイン容量。スワップ領域に待避していたデータを物理メモリに書き戻した容量
  •  

  • so:スワップアウト容量。物理メモリーからスワップ領域に書き込みした容量

iO : デバイスとの転送量に関する情報

     

  • bi:ブロックデバイス(HDD等)から読み取ったロック数
  •  

  • bo:ブロックデバイスへの書き込みブロック数

system : マルチタスク関連に情報

     

  • in:毎秒の割り込み回数
  •  

  • cs:毎秒のコンテキスト・スイッチ回数

コンテキストスイッチ

cpu : CPUの使用量に関する情報

     

  • us:カーネルコード(OS)以外の実行でCPUが使用された時間の割合
  •  

  • sy:カーネルコード(OS)の実行でCPUが使用された時間の割合
  •  

  • id:アイドル時間(何もしない時間)の割合
  •  

  • wa:IO(ディスク・ネットワーク)による待ち時間の割合

CentOS6にComposerをインストール

Pocket

Laravel5をインストールするために、CentOS6に、Composerをインストールしたときのメモ。

Composerのダウンロード

パスの通っているディレクトリに移動

Composerのアップデート

環境

CentOS 6.5

apacheが起動しない : (98)Address already in use: make_sock: could not bind to address 0.0.0.0:80 no listening sockets available, shutting down

Pocket

apacheを起動しようとしたときに、

とエラーが出てapacheが起動しないとき対応方法メモ。

すでに80ポートが既に使われているため。
apache停止もできないため、apacheプロセスを強制終了します。

環境:
CentOS 6.5
Apache 2.2.x