WiMax

Try WiMAXの返却方法

Pocket

Try WiMAXで借りたWi-Fiルーターは、同梱される「ゆうパックの着払い伝票」を使って、無料で返却することが出来ます。

Wimax2 hwd14 case

ゆうパックは次の方法で送ることが出来ます。

  • 郵便局へ持ち込む
  • 郵便局へ集荷申し込み
  • ローソンなど、ゆうパック取り扱いがあるコンビニへ持ち込み。

同梱される着払い伝票
Trywimax 着払い伝票

貸出期間は機器発送日から機器返却到着日までの15日間のため、要注意です。
(UQ ホームページで申し込みの場合)

Try WiMAX無料レンタルでWiMAX2+を試す 「Wi-Fi WALKER WiMAX2+ HWD14」

Pocket

Try WiMAX無料レンタルでWiMAX2+を試しました。
Wimax2 hwd14 case

レンタルした機種は、「Wi-Fi WALKER WiMAX2+ HWD14」。
Wimax2 hwd14

都内23区内ですが、WiMAX2のエリアのため、WX2+と画面に表示
アンテナマークも3本(最大4本)
Wimax2 hwd14 ant

スピードテスト (RBB TODAY スピード計測 大手町)
Wimax2 speedtest

下り 27.27Mbps / 上り 1.55Mbps

  • WiMAX2(ハイスピードモード)は今のところ、速度制限なしです。
  • 固定回線代わりに使う場合は、速度制限無いことは重要だと思います。
  • WiMAX2は、2年後には速度制限がかかる可能性があるが、詳細は未定とのこと。http://www.uqwimax.jp/signup/wimax2plus/index.html
  • なお、WiMAX(ノーリミットモード)は、速度制限なしで下り最大40Mbpsで使えます。
  • この機種は、別料金(月1,005円)で、au 4G LTE(800MHz)も使えるので、エリアは比較的広いです。

参照:
選べる3つの通信モード | UQ WiMAX

WiMAX2+を体感するためにTry WiMAX無料レンタルを申し込み

Pocket

00_Try-WiMAXレンタル

Try WiMAXは、WiMAXを契約する前に、無料で15日間試すことが出来るサービスです。
契約したけれど、家で使ってみたら圏外だったとか、速度が思ったよりも出なかったというトラブルを避けられるので、とてもよいですね!

申し込みに必要なもの

  • PCメール
  • キャリアメール
  • クレジットカード

規約確認 仮登録申し込み

01_Try WiMAX レンタル お申し込み 仮登録 利用規約確認

メールアドレスの登録

02_Try WiMAX レンタル お申し込み 仮登録 メールアドレス入力

  • PCメールとキャリアメールを登録します。
  • キャリアメールを持っていない場合、使わない場合は、郵送による申し込みなるため注意が必要です。
  • 私の場合(多くの人も?)キャリアメールは、迷惑メールが届かないような設定になっているため、UQ Wimaxのドメイン指定受信の設定をキャリアメールの設定として行わないといけないため、手間でした。。

開通コード登録

04_Try WiMAX レンタル お申し込み 開通コード入力

  • キャリアメールに送信される開通コードを、PCメールに届くURLを叩いたページで入力して、次のステップへ進みます。

個人情報入力

05_Try WiMAX レンタル お申し込み 入力画面

  • Mac登録していると、住所の”ー”ハイフンが原因で入力エラーとなってしまうため、適当なWebサイトからコピペしました。

06_Try WiMAX レンタル お申し込み 入力画面

  • Try WiMaxは無料なのですが、機器が返却されない時に備えてか、クレジットカード番号の登録が必要です。

申し込み完了

07_Try WiMAX レンタル お申し込み内容確認画面

登録の翌々日までに発送されるとのこと。

実際に、翌日には発送されたので、すぐにWiMAX2+を試すことが出来ました!